カナダでメープルシロップつくりました。【6】ケベック州のデザート編

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

カナダでメープルシロップつくりました【6】回目です。今回はケベック州のデザート編。(第1-3回目まではこちら、ノートさんで公開中)4、5回目はこちらのページで公開してます☆

そう、ケベック州のデザートの名前って不思議なのが多いのです。「失業者のプディング」は1930年代の大恐慌時代に生まれたそうなので(現在はふんだんにメープルシロップをレシピに使いますが、その時代は節約で小麦粉と砂糖のみで作れるデザートだったそうです)、その由来はわかるのですが、「おじいさん」と「修道女の屁」は夫に聞いても「さあ、謎なんだよね」といってました。

ちなみに、「おじいさん」と「失業者のプディング」は、小麦粉&メープルシロップが主な材料なので、味はとても似ていますが、「おじいさんの」ほうがもっとしっとり、ふわふわしてるかな。

今回、お義母さんを手伝って二人で「おじいさん」を作りました。ってこの行しか読んでなかったら何のことかわかりませんね。

Related posts:

ブログランキングランキングにす参加してます!やる気が出るのでぽちっと応援よろしくです。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You can add images to your comment by clicking here.