ちょっとブルーになったら...Feeling Good! by Dr. Burns


ちょっとブルーになったり、鬱っぽくなったり、悲しくなったときは、おすすめの本があります。私のバイブル的ほん、”Feeling Good” by Dr. David Burns です。Cognitive Theory の第一人者といえるのではないでしょうか。気分がブルーになるのは、たいてい身の回りにおこった(もしくは起こっている)イベントに対して、歪んだ見解をもつからだ、というのが概要ですか。この歪んだ見解、解釈を、どうやってなおすか、大変親切に、やさしくてわかりやすく、テクニックを伝授してくれます。おすすめです。日本語ではよんだことがないのですが、英語も大変読みやすいかと思いますのでよんでみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You can add images to your comment by clicking here.